CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS

P-ZONE

日々のことを〜つれづれなるままに
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
汗の結晶
200804102040000.jpg
仁川空港から自分宛てに出した葉書が昨日、やっと着きました。
31日に空港のカウンターに出して、消印は・・・7日。
郵便物、空港で蓄めすぎ・・・と思うのは私だけではないと思いたい。。。

190ウォンの切手を持っていた(昔知り合いに貰った)から、160ウォン分の切手を買うために、大汗かいたっけなぁ〜と、ようやく再会した葉書を見て懐かしく思い出しました。

自分宛ての葉書に書いたことは〜

・ 先輩が日本→韓国のギャップ
・ ○○さん(友達の名前)は理系だったのか やっぱり フムフム
・ 留学経験がある人と話すと面白い
の3つ。

一番目は、ちょっと文法が変ですね。
今回の旅行の大収穫は、友達の先輩と話せたことだったから、興奮して!?文章がおかしなことになったようです。

私は一昨年3週間のプチ留学をして、韓国での生活になじめなくて
でも周りの人は楽しそうで
プチ留学後すぐ韓国に旅行したり、再度短期留学したりしていたから、
再スタート出来ない自分に劣等感を持っていました。

先輩は1年間日本で留学生活を送り、韓国に帰ったら
戻った当初は、韓国の生活になじめなかったと仰っていました。

30年以上韓国で過ごしていた韓国の方が、
1年間日本で生活をして、帰ったときにそう思ったのなら
私が、韓国の生活に合わなかったのも仕方ないかぁって、気持ちが楽になりました。

二番目は、友達の職業(PC関係)から友達は理数系だろうとは想像していたけれど
先輩が話してくれたところによると、理系の大学を出ているとのことで。
今までのやり取りの中で、「?」と感じていた部分のある面は、
育った文化、風習の違いだけではなくて
私は文系、友達は理系の違いもあったのかもな、と納得。

三番目は、昨日ブログに書いたイ・ジュンギのポスターを送った九州の女性のこと。
彼女はカナダへ留学経験があって
そのときに知り合った韓国の友達に会いに韓国に来ていました。

私が出会う韓国人とは違うタイプの人たちと接していて、
とても興味深く話を聞きました。

私の韓国での出会いの多くは、日本の芸能に興味があるとか
語学の勉強を通じてだったりするから、
お互いに関心があったり興味を持っていると言う前提があってのことなので
彼女の出会いとは、違いますね。

彼女は、韓国人から歴史問題について聞かれたことがあって、
私はそう言う日本人に会ったのは初めてだったし
彼女と話したことを、宿のオーナーに話すことで
私自身、初めて韓国人と歴史について話をしました。私が話したのは、ほんの少しだけ、触り程度だったけど。

だから、これからも九州の彼女と何らかの形で交流出来たら良いなぁと思ったのです。
私とは違う切り口で韓国や韓国人と接する人に会えたことも、今回の収穫のひとつです。

さて、長々と書いて来ましたが、今回の韓国旅行記はこの辺で終わりにしようかと思います。

3泊4日だったけど、充実した旅でした。
つれづれなるままに、書き過ぎてるなぁ〜書き過ぎかしら?と思いつつ、
でも、私にとっては「楽しかった」の一言だけで通り過ごすことは出来ない
ひとつひとつのことが、意味ある出来事でした。

あ〜!
韓国に行って良かった。
良いタイミングで韓国に行けて本当に良かった。
友達と、
日本から帰国していた、アメリカに行く直前の友達の先輩に再会出来たから。
時期がちょっとずれたら、先輩には会えなかっただろうしね。

旅行記を読んで下さった方〜ありがとうございました!
アンニョン〜!ト マンナヨ〜(じゃあ、また会いましょう)

このブログは、これからも続きますので・・・
| in KOREA 2008.03 | 08:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
韓国の宿で、同じ階に泊まった方が九州在住の女性で。
彼女はイ・ジュンギのファンと言うことで
私が以前に友達(今回韓国で会った友達)から貰った映画『王の男』のポスターを送る約束をきっかけに、メールアドレスを交換して。
これからも、彼女と交流出来たら良いなぁ。

今働いている会社は、九州に本社があるんだけど。
先日本社からお偉方がいらして、退勤後懇親会(飲み会)がありまして。
ひとりの方が、韓国語を勉強されていると言うことで、意気投合!?
何でも、息子さんに韓国人の友達がいて、それがきっかけで勉強を始められたそうです。

やっぱり、韓国と九州は近いからかなぁ〜?

私の関心事、芸能と語学(大したモンじゃないけど、私は)で、話すきっかけが出来たり、仲良くなれたりしているから
これも「芸は身を助ける」かもね〜

「身を助ける」は言いすぎ?そこまでのレベルじゃないかな、私のレベルは・・・
では〜〜〜
見聞が広がっていることは確かで−す!!
| in KOREA 2008.03 | 18:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
これは何風?
200804070725000.jpg
私、ブタが好きなもので(生物としてではなくて、その姿が)
韓国で、かわいい置物とかあったら買おうかな〜と思っていて。

結局買わなかったので、宿の浴室にあったブタたちの写真を。

仁寺洞でお土産探しをしているときに、味のあるブタの置物が売っていたから
「かわいい〜」とか何とか騒いで!?いたら
友達の先輩が「これは中国風だね〜」と。

そうかぁ〜韓国風と中国風は違うに決まっているけど、その視点からブタの置物を見たことなかったなぁ。
「韓国風なのか中国風なのか、分からないなぁ」と言ったら、先輩は「そうかぁ〜」って感じでした。

せっかく韓国にいるんだし、買うなら韓国風なのが良いなぁ、と思ったので買うのはやめにしました。

お土産のライトを選んでいたとき、シンプルで素敵なのがあったから
先輩に「これはどう〜?」と聞いたら「これは和風だねぇ」と。
確かに和風、それは分かった。

で、写真のブタたちは〜?
| in KOREA 2008.03 | 19:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
異国情緒〜街編〜
200804091745000.jpg
1、バス停
ご存じの方も多いとは思いますが、
韓国では、バスは“バス停の辺り”に停まります。

空港からバスで蚕室:チャムシルに向かって。
“チャムシル”のアナウンス位は私も聞き取れるし
外の風景がにぎやかになって来ていたから、それほど心配していなかったんだけど。

バスを降りたら、人がいなくてバス停の雰囲気が全然しないから、ちょっと不安になって〜
前方30メートル・・・50メートル位あったかなぁ、
まぁ、数十メートル先を見たらバス停と人がワラワラしていたから、ホッとひと安心。

2、あまり気にしない?
物理的な人との距離が日本より近いから
電車の中で、私が慣れなくてモタモタしていて、人に触れたりぶつかったりしてもあんまり気にしなくて済む感じ。

別に車内が混んでいなくても、
その人の行きたい道筋に私がヌボーと立っていると、私を避けたりはせず
押し退けて行く感じもしたなぁ。
でも“邪魔ね”って感じで押し退けるワケではなく、“この方向に行くから”って言う主張の方を強く感じました。何となくだけどね。

日本だと、電車の中でちょっと体に触れただけで
“キー”ってなる人がいるから、そう言う人にぶつかると日本、恐いです・・・と思います。

3、色彩感覚!
昌徳宮に行く道すがら、ピンク色の建物が見えて来て。
写真(昌徳宮にて撮影)の、ピンク色部分を少しだけ色味を弱くした感じの建物。

バッと見て、「由緒ある観光名所の付近に“ラ○ホテル”なワケないよね〜と思ったほどの、色鮮やかな建物でして。

近づいて見たら、食堂でした。結構よそ行きな感じの。

驚きでした、ピンクの食堂。
若者向けのカフェとかそう言う感じではなくて、伝統的な食堂だったと思う。
歩きながら見ただけだけどね。

ドラマ『冬のソナタ』で
初デートを控えた高校生のユジンに、
ユジンのお母さんが準備したワンピースが緑色だったときもビックリしたけど。
日本の高校生がデートするとき、親が着させたい色は、何色かな?
紺とか?白とか?黄とか水色とかのパステルカラーとか?私の時代だと、そんな気がするけど。

昌徳宮に行ったら、まさに緑色がふんだんに使われていたから
緑は何か特別な意味があるのかもね〜?
| in KOREA 2008.03 | 18:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
異国情緒〜友達編〜
1、個人的な話
友達と友達の先輩と3人で食事をしたときに
先輩:「○○(友達の名前)の個人的な話、聞いてますか?」
私:「個人的?例えば〜?
いや・・・聞いていないと思うけど」

先輩:「家族の話とか・・・」
それから始まった先輩による友達の個人的な話。

ビックリするような話もあって、
そのときは「えー!ビックリそうだったんだぁ〜」と思って聞いていただけだったけど、

もしや・・・!
お互いに“個人的な話”をするのが、韓国流の友達関係的なことが
本に書いてあったような〜。

では、私は何を話したら良いのやら〜?
何を打ち明けたら良いのやら〜?

2、お店の人とのやり取り
食堂で、箸が入っている箱の蓋が、ガラス板の周りに木で枠どられているタイプのもので。

友達が蓋に触れたら、蓋がガラスと木枠にばらけてしまって。

お店の方が来たら、
友達:「僕じゃないですよ〜(僕のせいじゃないですよ)」
お店の方:「分かってますよ〜」

そのやり取りが新鮮でした。

日本なら〜
「すいません〜」「大丈夫ですよ」って感じかな?
これだと、責任の所在が曖昧な気がします。。。

3、見送り
先輩の車で、私が乗り換えなしで帰れる駅まで送って貰って。

車を降り、友達と別れの挨拶をして「この方向がPamの乗る方向だから〜」と教えて貰い。
私:「分かった〜大丈夫!」
すると、先輩が友達に「改札口まで見送るように」と言うジェスチャーをして。

友達に、改札口まで見送られました。
帰る方向の改札の中に入っても、まだ私を見送ってるから
「もう行って〜!」って言っても帰らないんだよね・・・

この話をすれば、“私がいかに、いつも見送られていないか、
見送られた経験がないか”がバレルだけとも思うけど
見送られる度に「これって、大いに恋に落ちるきっかけになる、私の場合」と思うのでした。

日本でも、見送られるのって普通なのかなぁ〜?
友人どうしでも?よくあること?なのかな?
| in KOREA 2008.03 | 22:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
異国情緒〜宿にて〜
1、オンドル

いつものように(日本でしているように)、床の上にカバンを置いていて
あやうく!手土産に持って行ったチョコレートを溶かすところでした。
気がついたのが、最初の日の夜で良かった〜

チョコレートが溶けるほどの温度だったかどうか、具体的には分からないけど・・・
表面くらいは、変化が生じそうな暖かさだったかも〜

2、柔軟性?

宿では朝の軽食のみが出るんだけど
コンサートの日、私がパジャマのまま 朝からグータラ過ごしていたら

お昼過ぎ

オンニ:「キムチラーメン食べる?」
もちろん、いただきましたっ!

こう言うところが、韓国流だなぁ〜と。
流動的って言って良いかな?
夜、オンニ特性ラーメンを食べている方もいたし。

3、原則連れ立って行動?

私と同じくコンサートの為にひとりで訪韓した方がいて。

オンニ:「明日は○○さんと一緒にコンサートに行くの〜?」
私:「別々ですよ〜」

次の日

○○さんがオンニのところに、「コンサート会場の名前を教えて下さい」と来て。
オンニ:「Pamと一緒に行ったら良いのに」

そのとき、私は身仕度中だったし、コンサート前に寄りたい場所(お土産を買う)があったし
○○さんは、客席ではなくて関係者席?から観ると言っていたから、ねぇ?
無関係者の私と行動するのは、ねぇ?
(それにしても、コンサート会場を調べて来ないって、ある意味スゴイ!ある意味尊敬)

プチ留学中に、下宿のおばさんとか現地の学生さんに
「ひとりで●●する予定」とか「ひとりで■■した」って話すと
何回も、確認と言うか聞き返されたことを思い出しました。

行く前と行った後に、「誰と行くの〜?」「誰と行ったの?」

だ〜か〜ら ひとりで−!
(と心の中で叫んで、口では「ひとりで、です」って応えたけど)

そんなに変?なことなのかな?韓国では?
| in KOREA 2008.03 | 20:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
コンサートのことも少し
初めて彼らの韓国での公演を観て「なんだぁ〜結構やるジャン!」と思いました。

パワフルだったし、
MCの最中は笑顔でリラックスしていたと思うし
舞台進行がテンポ良く進んでいたのも、何よりでした。

今回の公演が、抜群のカメラワークで収録されたのなら、
久々に〜ライブDVD買うかも!と思ったほどです。

私は、日本で観るように
指定の座席があって立ってコンサートを楽しみたいから
(オールスタンディングゾーンは好まないです・・・)

日本で、今回のようなクオリティのコンサートを観られたらなぁ〜とても幸せなんだけどとワガママなことを考えたり。

日本での彼らの公演はフル生バンドではなくて
韓国では、どうなのかな〜?もしや!と期待して行ったけど
韓国でも、フル生バンド演奏ではなかったので

彼らがシンファとしての活動を休む間に、
韓国で「コンサートはフル生バンドが主流」にならないかなぁ〜と思ったりしています。

「音も聴かせるコンサート」をすれば、彼らは単なる年令を重ねたアイドルグループとしてではなく
韓国を代表するパフォーマンスグループとして、長−く活動を続けていけると思うんだけど・・・どうでしょう〜?
| in KOREA 2008.03 | 22:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
「○○○ですか? 」2
例えば〜
今回同じ宿に泊まった日本女性は、韓国風に“初対面でガンガン質問”して来ました。

シンファファンどうしだったから「誰ファン?」から始まり・・・
「いつからファン?」
「何でシンファを知ったの?」
「ファンになったきっかけは?」
「どこに住んでるの?」
「シンファファンと、コンサートで出会ったりして仲良くなったりするの?」
「シンファファンの友達はいるの?」
「(シンファの)○○のコンサートは行った?(○○には地名が入る)」
「(シンファの)○○のDVDは買った?」
「○○のドラマは観た?」
「チケットはどうやって買ったの?」
「席は良いの?どの辺?」

ふぅ〜( -_-)
年令とか結婚の有無とか職業とかは聞かれたかなぁ、どうだったかなぁ。忘れたなぁ〜

確かに、私もシンファファンに会ったとしたら聞きたい内容ばかりだけど
初めて会って、数時間で聞かれたらくたびれてしまいました。

質問することって“攻め”なのかな?
聞かれる方は、自分を守ると言うか、自分のペース保つのが大変ダワ。
次々に聞かれると、特にね。

あぁ〜“質問攻め”って言うかぁ。何か納得

質問内容について答えて、そこから話が発展すると言う感じではなくて
相手が言いたいことを、話続ける感じにも参りました。

「DVD買った?」と聞かれて
本心は「日本発売のDVDなんて買うかぁ−あんなボッタクリ高額商品!オリャー」だけど〜
相手がどう言うスタンス、度合いでファンなのか分からないと
いくらファンどうしだって、喧嘩?になるかもしれないし
イヤ・・・ファンどうしだからこそ、相手の考え方が分からないうちに、自分の意見を言うのはリスク大・・・と考えていますから。

だから、私の答えは「DVD買っていないです」ハイ、終了!
次の質問へ・・・。ふぅ〜〜〜

それに、初対面の人に、物を買った買っていない、でファンの度合いを判断される風なのは、
私にとっては“大きなお世話様〜”って感じです。

「買ったかどうか」を聞いて、買った者どうしで感想を言い合いたいのかな?
でも、その彼女の感じは「買ったかのどうかの確認のみ」な感じがしたんだよなぁ。

シンファファンと出会ったとして、初めて会って話始めるときに
私が知りたいことは
「あなたは、自分と違う考えを持つ人や自分とは別のメンバーのファンの話に耳を傾けることは出来ますか?」
そして、何よりも知りたいのは
「日本における“韓流”芸能ビジネス、特にシンファ関係の商法について疑問は持たないですか?
持っているなら、どう折り合いをつけていますか?」ってこと。

これは、相手に「出来ますか?」「どうですか?」とか質問するよりも
相手と会話を続けて行くことでの方が(質問攻めにするんじゃなくて“会話”ね)、断然分かることだから
私は会話をする中で、相手の考え方や感じ方を知り、自分のことも話せたら良いなぁ、と思っているのです。

知りたい内容にもよるけど、
初対面で話を始めるなら“日本風”に、だんだんと話の間口を広げて行くのが、私は気に入っています。
自分がそれに慣れていると言うのが大きいとは思うけどね。
| in KOREA 2008.03 | 12:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
「○○○ですか〜? 」
ここで書きたいのは、
私が日本と韓国の芸能や語学の勉強を通じて、韓国に行ったりその地の方々と接してみて感じて来たことや、今の気持ちです
日本と韓国の文化、風習のどちらが上とか、優れているとかを言いたいのではないです。

私は日本人で、30年以上日本(日本の風習の中)に暮らしているし
親、親戚は皆日本人で、日本の風習ドップリで生きてきたから
日本のやり方、考えに慣れているので・・・


韓国では初対面で年令を聞くことは当たり前のことで、
日本だと聞くとき聞かない両方あります。

お互いの年令や社会的地位を確認して、言葉使いや相手への態度をどうするか決めるわけです。

日本だと、話しているうちに相手のことを推察したり、
仲良くなってから聞いたり、何とな〜く聞いていく感じだと思います。

「初対面で個人情報を確認し合う」風習を知った当初、合理的だなぁ〜分かりやすいなぁ〜と思いました。
日本は、話す中で駆け引きしたり推察したりして、時間かかるよなぁ〜って。

でも今は、「日本風だって、結構良いんではないかい?」と思っています。
日本風の利点は、話していくうちに、相手を知り自分を知って貰って
「どこまで話そうか」を判断し、
その上で、さらに仲良くなりたいか?現状維持か?などを考えながら関係を作っていけること。
気が合いそうな相手と、じっくり人間関係を進めて行く感じが良いなぁ、と。

私は、仲良くなれるかどうか分からない人に、個人的な情報を話すのには、かなり抵抗があります。

ネット上で知り合った韓国の方から「名前、電話番号、メールアドレス」などの個人情報を尋ねられたことが数回あるけども、私は教えないですね。
年と性別くらいは教えるけど。
細かい情報を教えないと、交流はそれっきりになるけど、それは仕方ないです。
昔何回か、日韓交流サイト内でチャットをしたことがあるくらいですけどね。

第一、ネットだと相手が事実を言っているか分からないし・・・
以前、チャットで話していた相手が
「写真をメールで送って」と何度も言って来たけど、
本人自身の写真を送るかどうか確証ないじゃんねぇ〜?と思ったものです。もちろん送らなかったけど。

顔を合わせて会っているときだって、
初対面の場合、相手が本当のことを話していることを判断しにくいのではないかなぁ〜?と思うけど、どうでしょうか。

何回か話していたら、相手の話す内容や話し方やなんかで
共感出来たり、逆に「あれ?変だぞ」と警戒したりで判断することが出来るけど。

それに「○○ですか〜?」って聞いて、自分が思うような返事ならその後も話が続くけど
想像したような返事ではないと、話がそこで終わってしまうこともあるんじゃないかなぁ、と思うようにもなりました。
で、次の質問・・・と続くのは私には問い詰められているようで、くたびれます。

年令、結婚の有無、恋人の有無なら「想像通りの返事」も何もないだろうけど、

〜つづく〜
| in KOREA 2008.03 | 12:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
宿でのプチ日本語講座とプチ韓国語講座
宿のオーナーは、日本語ペラペラ。
でも、話していると時々…”ん?”ってところがあるから
「オンニ〜(お姉さんの意味。親しみを込めて、血がつながっていなくても親戚関係じゃなくても、そう呼ぶ)それは○○って言います」と伝授して。

朝食をいただいていたら、オンニが「ポン食べる?」と。
ハテ…”ポン”って?
何語?
本?でも、本は食べ物じゃないし。
米のお菓子か何かのこと?
そこにいた一同(日本人)がキョトンとしていたら
「パン、まだ食べる〜?」 だって。

パン(韓国語も、パンはパン)を間違って発音したようでした。
オンニは、いつも韓国語と日本語両方を話されているから〜それで、混乱されたようでした。

別のときに、私が「”お帰りなさい”は、韓国語では〜?」って聞いたら
「チャール ワ〜」って仰って。

”チャール ワー”だと直訳すると「良く来たね」 って感じで、くだけた表現だから
「親とか目上の方に言いたいときは?」って再度、聞いたら
オンニが「(日本語で)お帰りなさい」と。

一同、大爆笑。「オンニ〜私、日本語良く分かりますから!!」

韓国語では、日本語のような”お帰りなさい”と言う決まった言い回しがないとのことで
「良くいらっしゃいましたね〜」って感じで言うそうです。

オンニの息子さんが帰って来て、それで韓国語の”お帰りなさい”を聞いてみたんだけど、
最上階に泊まっていらして、
階段を登って行きながら、息子さんが「おやすみなさい〜」と日本語を使われて。

で、私、つい今さっき、くだけた言い回しではなくて”丁寧な言い回し”について話を聞いていたところなのに…

「チャール ヂャー!(良く寝てね!)」と、モロ ため口を利いてしまいました。ハハハ〜
コンサートを観た後で、テンション高めだったから〜!許して!!

そして、オンニに頼まれて、配送便送り状やパソコンの画面の漢字を楷書で書いたり、
固有名詞の読み方を伝授したり。
地名の読み方は、大体でしか分からなかったけど。

あと…番外篇として〜
同じ階に泊まった女性に、「韓国で、スポーツウェアのことは、必ずスポーチュウェアって言うこと!」と伝授。
(韓国語にはツの音がないから、チュの発音になる)
そして、韓国で町などで「モッコリ」って聞いてもビックリしないでね、と。

彼女は韓国語がほとんど分からないようだったので、ね。彼女は現地の友達たちと、英語で交流していましたね。

なぜスポーチュウェアと言う必要があるか?と言うと。
日本だとヂャージって言うけど、
韓国語は、長音と短音をあまり区別しなくて
”ジャジ”って聞こえるから〜
それは、男性の大事なトコロのことだから。

”モッコリ”は、日本語を母語とする人にとっては聞くとビックリする言葉だけど…
特に、女性が白昼大きな声で話していたとしたら、ね。

モッコリ→首飾りのことですから〜心配しないで!
(モッ:首、コリ:物をかけるもの)
| in KOREA 2008.03 | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) |